メンズ冬服!とにかく身体にあった服装をする重要性と人気ショップ

2017冬服、メンズスタイルのコーディネートをみてみる

 

 

メンズ冬服!とにかく身体にあった服装をする重要性

 

まず女性は男性と違って「着られれば何でもいい」とは思っていません。そして一緒に歩くなら「男性も自分のファッションの一部」として考える人も少なくありません。なのでまずは女性の服をチェックしましょう。そこで大体のイメージを掴んだり、聞けるのであればどういう雑誌を読んでるかを聞くのが手っ取り早いです。そこでその雑誌を見ればだいたいの好みがわかり、たまにその女性の隣に移っている男性などの写真があればその服装を参考にすればいいです。

 

万人ウケするものだと、とにかくまずは体系に合ったもの。例えば少し太い人がストレッチ素材だと太さが際立ちます。例えばMサイズが入らなくも無い、という人ならLを思い切って買ってみましょう。体のラインが出なければ細く見えます。何より、無理して着ている服は「自分にあったものが選べない」と女性に思われてしまうので悪影響です。選ぶときに1人では買いに行かず、何でもズバズバ物が言える人を連れて行くといいでしょう。 「お前その服は背中の肉が」などとはっきり言ってもらいましょう。

 

1人で行くにしても、まず注意するのは
「背中の肉や腕周りがパツンパツンでないかどうか」
「模様があるものなら不自然に広がっていないか」
「逆に大きすぎないか」
このへんがポイントです。男性はけっこうS.M.Lと表示だけで買いがちですが、特に最近はブランドによってサイズの差が大きいです。
あと、デザインによってウエストや腕周りのサイズを細かったり太くしていたりもあるのでいくらデザインがいいと言っても身体にフィットするかどうかを
最重要ポイントとしてみてください。

 

あとはある程度年齢が上がってきているので、落ち着いたおしゃれな印象で私が好きなのはポロシャツです。でも出来るだけブランドロゴやマークが「どん」とついている物は控えたほうがいいです。私個人は好きじゃないです。それよりも「あれはどこのブランド?」と思わせるような、黒に白い細かい模様が入っていたり、ベースの色に小さく別の色の模様が入っているのが好きです。襟だけ2重で色が違っていたり、ボタンがちょっと変わっていたりするだけで目をひきます。パンツは基本デニムでいいと思います。その代わり、これも上同様、それ以上にサイズに気をつかってください。例えば何てこと無いデニムでも、身体にフィットしていればそれだけでおしゃれに見えます。

 

151515151