メンズ夏服ファッションを客観的にみなおそう≪具体的な方法≫

女子ウケ夏服!メンズスタイルのコーディネートをみてみる

 

 

メンズ夏服ファッションを客観的にみなおそう≪具体的な方法≫

 

20代の男性なら、メンズ夏服ファッションでお洒落が好きなひとも多いですよね。洋服が好き、と公言しているひとも周囲にいるはずです。でも、そういうおしゃれ好きな男性が、必ずしもおしゃれとは限らなかったりします。それは自分目線のおしゃれ、だからかもしれませんね。メンズ夏服ファッションって一般的におしゃれかどうかが決定するのは、他人による判断です。いくら自分がおしゃれと思っていても、他人から見ておしゃれじゃなければ意味がないわけです。おしゃれ、と言っているわりに、体形にあっていない服を着ているひともいます。

 

たとえば、メンズ夏服ファッションで痩せ型だったひとが太ったり、また、太っていたひとが痩せる、ということもありますよね。そうなると、服のサイズ感がおかしくなります。それは見ているひともわかります。「きつそう」とか「だぶだぶ」と一見してわかります。かつておしゃれだった服が、体形にあわなくなったことでダサく見えます。あと、明らかに安っぽい服も避けたほうがいいです。安くても高く見える服選びを心がけましょう。別に高い服を買わなくてもいいのですが、安っぽく見える、というのが問題です。安っぽい服を着ていると、本人まで安っぽい感じに見えます。安いのに高く見える服もあります。

 

それはメンズ夏服ファッションの質感やデザイン、色が関係してきます。服の素材を意識してお買い物していますか?服にはいろんな素材があります。見た目で、「素敵」と感じた服の素材をチェックしておきましょう。選ぶヒントになります。あと、安い服でも黒やネイビーは素敵に見えやすいです。安いアイテムが気に入って、安っぽく見えるのが不安だったら黒やネイビーを選んでおきましょう。意外と、おしゃれに自信があるひとがダサい、とういこともあります。一人から素敵、と言われてもお世辞かもしれません。でも数人から言われたらお世辞じゃないと思います。おしゃれに自信があるひとは、他人から見てどうか、ということを今一度意識して、自分のメンズ夏服ファッションをみなおしてみるといいですよ。

 

151515151