秋冬服メンズ、とりあえずプロデューサー巻きは大きな間違え

秋冬服メンズ、メンズスタイルのコーディネートをみてみる

 

 

秋冬服メンズ、とりあえずプロデューサー巻きは大きな間違え

 

昨年大流行したプロデューサー巻き、今年も巻くものはカーディガンがメインとなって引き続きファッションの中ではスタイルの定番となりつつあるこの格好だが、髪型と一緒で誰でも似合うものではないので、とりあえずプロデューサー巻きはダサいスタイルになってしまうと私は思う。

 

まずプロデューサー巻きというのは男っぽい顔向けでないもので、本来女性のファッションの中でとりいれることによってフェミニンな魅力がアップするということが頭に入っているかそうでないかの見極めができているかどうかだということがあります。

 

その為、メンズがプロデューサー巻きをする際には女の子っぽい顔の子なら似合うが大丈夫だが、そうでない人は試着をするか、カーディガンのようなアイテムは家にあると思うので巻いてみて写真に撮って、ファッション雑誌でプロデューサー巻きをしているメンズの写真と比べてみる暗いでも充分だと思います。似合っていないのにそのまま合コンに行ったりしたら、せっかく話が面白い人でもそれだけでNGとなってしまいます。合コンで減点になることならはじめからやりたくはないと私は思います。

 

また全体が派手な格好でのプロデューサー巻もNGです。プロデューサー巻きの場合使い方として、全体的に涼しい感じの服の組み合わせにアクセントとして蛍光色のカーディガンを巻いたりするのが上手な着こなしで、全体的に派手な格好にプロデューサー巻きは涼しげな印象を与えずに、逆効果で暑苦しい印象を与えるのでお洒落な印象はなくなってしまうのでNGである。

 

以上から私は夏場に涼しげでシンプルなおしゃれな服装は、パステルカラーをシャツかパンツのどちらか片方へ取り入れる人の方がシンプルで男性っぽい印象が伝わるのでこのような服装の男性が好きです。

 

151515151