秋冬ファッションメンズのダサいと感じたジャケットスタイルを暴露

秋冬ファッションメンズ、メンズスタイルのコーディネートをみてみる

 

 

秋冬ファッションメンズのダサいと感じたジャケットスタイル

 

ここ最近、秋冬ファッションメンズでもハーフパンツやショートパンツなんかと組み合わせたジャケットスタイルが流行っていて、雑誌の特集ページにたくさんあったり、アパレルのマネキンのディスプレイにも使われていてかなりお洒落アイテムだと思いますが、使い方を間違えるとダサい秋冬ファッションメンズファッションになると思います。季節の切り替えで間違ってコーディネートして着こなすと残念な服装になるので注意が必要です。

 

まず、ジャケットの色を冬っぽい色を選んでいる場合、よく選んでハーフパンツを下に履いていても違和感を感じてしまいNGです。素材としては麻の素材だったり、薄手の素材のものが増えてきているので、夏場にジャケットが使いやすくなっているが色を暗めのものにしたら、素材と見た目はまた別のものなので、センスがなくダサい印象が伝わってしまって、せっかくの素材の良さの感じが台無しになってしまいます。色も秋服のトレンドに合わせた色が多いのですが、商品の色のバリエーションを増やした関係で秋っぽくない色も結構あります。つまり、芸能人でない限りは夏物?秋物?冬物?をごちゃまぜに着こなすコーディネートは難易度が高すぎます。

 

また、選ぶ靴も間違えるとセンスがないと見られてしまいます。ハーフパンツとジャケットを組みあわせた際に、ビジネス性が強すぎる革靴をチョイスするとバランスが悪く変な印象が伝わります。仮に靴がとてもきれいで高そうに見えても本来はスーツに合わせてつくられているものなので、センスのなさを引き立てる要因となります。形に関してはベリーショートソックスで足元が見えるタイプのもので、涼しさを演出できているものがとてもセンスを感じます。お洒落は足元からということをまさに象徴していますね。かなりのイケメンでないと、ショートパンツやハーフパンツでのジャケットスタイルはやめておいた方が無難です。

 

以上から私は、秋服メンズのジャケットスタイルの際にジャケットの色はシンプルな単色で軽めの素材、靴はスエードのバレーシューズなんかでキレイさを演出できていて、自然な着こなしの私服が好印象ですね。秋服メンズのジャケットスタイルの服装は、ショートパンツやハーフパンツでなくフルレングスで大人っぽい着こなしの男性が好きです。

 

151515151